天神島の植物 Ⅱ


おなかもいっぱいになったところで
いよいよ天神島へ渡ります

といっても小さな橋を渡るだけですけど・・・

DSCN1209_convert_20170718161159.jpg

正式名称は「天神島臨海自然教育園」

天然記念物にも指定されている天神島と、その沖合200メートルにある
「笠島」周辺は火山灰などを含んだ、黒っぽい岩礁が広がっています

DSCN1210_convert_20170718161209.jpg

こちらが「笠島」です

天然記念物保護のため島に渡ることはできません

遊泳も禁止です

さてここで、私痛恨の大失敗

いざお花の写真を撮ろうと思ったら・・・・電池切れ@@

でもここで救いの神が(^^♪

お仲間さんが電池の予備を持っていて・・・いただきました

DSCN1206_convert_20170718161126.jpg

ハマボウです

ハイビスカスの仲間で1日花
ちょっとオクラの花にも似ていますね

DSCN1207_convert_20170718161137.jpg

ちょうど今が見ごろでした

DSCN1208_convert_20170718161148.jpg

透き通るような薄い花びらの感じわかりますか


DSCN1215_convert_20170718161258.jpg

この地を北限とする「はまゆう」 もちょうど今が見ごろ

DSCN1211_convert_20170718161220.jpg

ちょっと花火みたい

DSCN1212_convert_20170718161247.jpg

ハマユウが咲くのは夕方、その時間ですと香りも強いそうですが
さすがこの時間では香りはありませんでした

DSCN1214_convert_20170718161237.jpg

袋をかぶったようなのがつぼみです


暑いけれど、海辺の風が心地よく気持ちのいい散策を楽しめました

続く


[ 2017/07/18 21:43 ] 逗子葉山花々ウォーク | TB(-) | CM(-)

天神島の植物

7月16日、今回の「逗子・葉山花々ハイク」では横須賀市佐島の「天神島」に
行ってきました

その前に芦名の「浄楽寺」にちょっと寄り道です

DSCN1201_convert_20170717200813.jpg

ここ浄楽寺には、前島密のお墓があります


まえじまひそか【前島密】

(1835~1919) 政治家。越後の人。維新後、渡英して郵便制度を調査、「郵便」「切手」などの名称を定め日本の郵便事業を創始。国字改良論者としても知られる。


DSCN1198_convert_20170717211635.jpg


見事な石仏群

DSCN1199_convert_20170717211647.jpg


DSCN1200_convert_20170717200757.jpg

DSCN1197_convert_20170717200729.jpg

落ち着いた静かなたたずまいの本堂です

DSCN1196_convert_20170717200714.jpg

本堂裏手の墓地に、日本郵便の父と
いわれる前島密のお墓があります

DSCN1203_convert_20170717200827.jpg


浄楽寺を出て少し歩くと
民家の庭に咲くスカシユリが顔をのぞかせていました

このあと20分ほど歩いて佐島へ・・・

天神島を歩く前に腹ごしらえです

DSCN1205_convert_20170717200839.jpg


佐島の「海辺」でアジ丼をいただきました

新鮮な鯵のお刺身がご飯の上に三段ぐらい重なって
すごいボリュームでした

大粒のアサリのお味噌汁、マグロの煮つけ
どれもおいしくておなか一杯になりました

天神島からの帰りに覘いた時には
お客さんが長蛇の列を作っていて
早めに入って正解でした


いよいよ天神島へ  続きます




[ 2017/07/17 20:04 ] 逗子葉山花々ウォーク | TB(-) | CM(-)

六代御前の墓と桜山古墳へ

六代御前

 六代御前(平六代(高清))は、平維盛の子で平清盛の曾孫にあたる。

 六代は、壇ノ浦の合戦後、源頼朝に命じられて平氏残党の探索をしていた北条時政によって捕らえられるが、文覚の助命嘆願によって助けられた。

 その後、出家して「妙覚」と名乗っていたという。

 しかし、頼朝が亡くなり、文覚が「三左衛門事件」で流罪となると、六代も捕らえられ、1199年(正治元年)、田越川で処刑されたという。

DSCN1169_convert_20170623230656.jpg

六代という名は・・・

平正盛から数えて六代目に由来するという。
正盛→忠盛→清盛→重盛→維盛→六代御前



DSCN1171_convert_20170623230727.jpg

六代御前のお墓を過ぎて
山道を登ります

DSCN1173_convert_20170623230805.jpg


あいにくの曇り空ではっきりしませんが
江の島が見えています

DSCN1182_convert_20170623230954.jpg



DSCN1172_convert_20170623230744.jpg

ヤマユリ

DSCN1176_convert_20170623230844.jpg

紫式部

DSCN1181_convert_20170623230930.jpg

こちらが2号古墳

DSCN1180_convert_20170623230911.jpg

葉山の町が見下ろせます

結構登ってきました

帰りは住宅地のほうに降りてきました

DSCN1174_convert_20170623230825.jpg


ヤマユリがきれいでした

近くの神社の軒先をお借りしてお弁当タイム

残念ながら午後からは雨が降り出し
カメラはしまいましたが

殿ヶ谷の谷戸田では
アサザの群生を見ることができました

来月(7月16日)は佐島の天神島でハマユウやハマボウを見に行く予定です



[ 2017/06/23 23:11 ] 逗子葉山花々ウォーク | TB(-) | CM(-)

権現堂公園の紫陽花

今年もまた、権現堂公園の紫陽花を見に行ってきました

DSCN1109_convert_20170620160504.jpg

大好きな「アナベル」年々増えていっているようです

DSCN1112_convert_20170620160536.jpg

DSCN1114_convert_20170620160613.jpg

8時頃行ったのですがまだ朝露が残っています

DSCN1117_convert_20170620160634.jpg

どのくらいの種類があるのかわかりませんが

DSCN1120_convert_20170620160734.jpg

DSCN1121_convert_20170620160807.jpg


DSCN1118_convert_20170620160650.jpg

DSCN1139_convert_20170620160833.jpg

今回はこの子を連れて帰りました

「十二単」というそうです

紫陽花とは思えないような花の咲き方です・・・・でも可愛い

咲き始めは白で、だんだんピンクになっていくそうです

まれにブルーになることもあるとか・・・・楽しみです


久しぶりにデジブック作りました

音が流れますので音量に注意してください


              
[ 2017/06/20 16:23 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

海蔵寺の庭は・・・

東慶寺に行った日
海蔵寺にも寄ってみました

私のお気に入りのお寺さんです

谷戸の奥に続く参道も、季節の変化を楽しませてくれるし
境内はいつでもよく手入れされて
近年は「鎌倉の花の寺」としても知られてきたみたいです

DSCN1042_convert_20170614204620.jpg

トレードマークともいえる赤い野点傘

DSCN1037_convert_20170614204527.jpg


マツバギクが元気に咲いています

DSCN1039_convert_20170614204549.jpg

今の時期花菖蒲も見ごろを迎えています

DSCN1040_convert_20170614204606.jpg

山からの湧水にカラーも元気いっぱい

秋には山門に上る石段のわきに萩が咲き
見事なトンネルになります

[ 2017/06/14 20:47 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(-)