花を訪ねて鎌倉歩き  妙隆寺

 日曜日、いかにも秋らしい好天に恵まれた日
久しぶりに「花を訪ねて鎌倉歩き」の講座に参加しました

鎌倉駅から路地を歩きながら

P1019945_convert_20150921203115.jpg

    「宇都宮辻幕跡」の碑

この辺り一帯が、宇都宮辻子の幕府があったところと言われています。

4代将軍藤原頼経が、政子が亡くなった後
1225年から1236まで11年間政治を行ったところです。

P1019946_convert_20150921203130.jpg

妙隆寺では芙蓉の花が多く見かけられました

ちょうど今時期ですものね

P1019947_convert_20150921203148.jpg

八重の花もあるんですね

P1019950_convert_20150921203308.jpg

カクトラノオも多かったです

綺麗ですがかなり繁殖力旺盛だそうですよ

P1019948_convert_20150921203221.jpg

妙隆寺

鎌倉七福神の寿老人を安置しています。

P1019949_convert_20150921203246.jpg

第二世日新は室町幕府の拷問にも耐え
「鍋かむり日新」とも呼ばれました。

門の奥の小さなお堂に、像が安置されています。


P1019951_convert_20150921203341.jpg

野尻邸

「鞍馬天狗」シリーズの作者、大仏次郎が
友人を招いたり、執筆の合間に休息を取っていたと
言われる邸宅跡。

黒塗りの板塀に囲まれた鎌倉らしさを体感できる
貴重な建物だそうです。

週末にはここでお茶がいただけるそうですが
まだ時間が早かったためか空いていませんでした。

一度は入ってみたいと思います。

P1019952_convert_20150921203402.jpg

この奥は鎌倉の有名な和菓子屋さんの「美鈴」

鎌倉の茶事やお寺さんで使われているそうです。

鎌倉の路地歩きもいろいろな発見があってとても楽しいです。

方向音痴なので、二度と同じ道に出られないかもしれませんが
それでも今度は一人でゆっくり歩いてみたいと思いました。

        続きます
スポンサーサイト
[ 2015/09/21 20:34 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(-)