鎌倉ガイド協会史跡めぐり~近代鎌倉の輝いた女性たち part1

今回のガイド協会史跡めぐりでは

まず最初に東慶寺を訪れました。

   P1019294_convert_20150305205958.jpg

  今の時期の東慶寺、梅が満開です。

  先週来た時にはまだこんなに咲いてはいなかったのですが・・・・・


  東慶寺と言えば、縁切り寺、駆け込み寺として知られていますね。

   かつては尼寺として栄え、足掛け3年修行すれば離縁できる「縁切り寺法」で
   多くの女性が救われました。

   この寺法は、明治4年(1871)に廃止されるまで、薬600年にわたり
   受け継がれました。

   明治35年(1902)東慶寺最後の女性住職・順荘法孝尼(じゅんそうほうこうに)が
   78歳で死去し、尼寺東慶寺は、その後男僧のお寺になりました。  ガイド協会資料より

   P1019295_convert_20150305210010.jpg

   このお寺の墓地には

   田村俊子、野上弥生子といった近代を代表する
   女流文学者が眠っています。

   そのほかにも歌人の四賀光子小説家の真杉静江枝の
   墓碑もあります。

   P1019298_convert_20150305210023.jpg

   寒雲亭のお庭拝見  (写真不可なので)

   堀越宗円  明治25年~昭和53年(1895~1978)
   女性として初めて、茶道裏千家を支える重職の老分(流派のお目付け役)に
   任じられました。
   男性中心の茶道の世界で、数寄者達と互角に対峙できる
   見識を持った女性でした。

   寒雲亭は四国松山派・久松家の江戸下屋敷にあったものが
   昭和3年(1928)材木座の堀越家別邸に移築され
   昭和35年(1960)には茶室の保存などを目的に東慶寺に
   移築されました。   ガイド協会資料より


     DSC03578_convert_20150305205918.jpg

     桜塚
   
   今回のガイドのKさん大変楽しい方で
   興味深いお話をいろいろ聞かせてくださいました。

   この「桜塚」、男の方にはちょっと耳の痛いお話ですが

   夫と一緒のお墓には入りたくないという
   女性たちのための共同墓地みたいなものだそうです。

   奥に見えている石塔の下あたりかな・・・・

   費用は200万円、入りたいという方が結構多いとか・・・

   きっと舅、姑でつらい思いをしたり、夫の横暴に
   苦労したりと、いろいろあったのでしょうね。

    P1019302_convert_20150305210049.jpg

   鎌倉には宮内庁が管理する寺社が3か所あるそうで
   「鎌倉宮」「大塔宮護良親王陵」そしてこの「東慶寺」だそうです。

   かつて後醍醐天皇の息女、護良親王の妹が
   建長寺の門跡になられたことがあったためかと思われます。

  そういえば 東慶寺のことを「松が丘御所」と言うこともありましたね。


    DSC03576_convert_20150305205905.jpg

    宝物館    現在仏像展開催中です。

   PART2に続きます
   

スポンサーサイト
[ 2015/03/05 21:02 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(6)

こんばんは
時間がなかなか作れなくて、、
昨日は横浜、
屋形船が出てました。
潮風は涼しい感じで、冷たく無かったです。

随分見学されたのですね。
お花も咲いて、お天気も良く、、、たのしみな。。
[ 2015/03/06 04:47 ] [ 編集 ]

男女同権が当たり前のような現代でも 女性にしか
威張れないような情けない男性がいるんでしょうね。
でも 同じ墓に入りたくないと言われればショックですよね。
そう言われないように 気がけておきたいと思います。
今までの鎌倉の名所でも 私はとても憶えきれません。
まりんママさん がんばって下さい!
[ 2015/03/06 07:25 ] [ 編集 ]

こんにちは

生きてる間は 世間体とか 子供達とか
いろんなことで 我慢の人生
せめて あの世では 気兼ねなく 背を伸ばして
寝たいものです
わたしでも そう思いますが 200万円
かなり かなり・・・です (^^ゞ
桜見て いやなこと 忘れたいです☆
[ 2015/03/06 13:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

hippoponさんへ

コメントありがとうございます

昨日は私も横浜に居ました。
鎌倉の史跡めぐりが終わったので
人形の家まで。
暖かくてよかったですね。
[ 2015/03/06 18:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

園主さんへ

コメントありがとうございます。

最近はモラハラ夫が結構話題になったりしていますね。
昔はもっとひどかったと思うし、
舅姑との関係ももっと大変だったのではないでしょうか。

些細なことでも積み重なれば
いつか大きな痛みになることも・・・・

夫と一緒というより、夫の家のお墓に入りたくないと
いうほうが正確かもしれませんね。
[ 2015/03/06 18:14 ] [ 編集 ]

Re: こんにちは

みかんさんへ

コメントありがとうございます。


今回のツァーでも「身に覚えがない」なんていう
男性も多かったのですが、こういうことって
些細なことが積もり積もって大きくなってくるんですよね。

でも200万円、私だったら生きている間に
楽しく使いたいです。

もう河津桜が満開でしたよ。
お花を見ていると心が和みますね。
[ 2015/03/06 18:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する