2015年歌舞伎事始め

今年最初の歌舞伎は

国立劇場で「南総里見八犬伝」通し狂言を
観てきました。


       DSC03299_convert_20150110115446.jpg

お正月らしく門松や薦被りの酒樽が並んでいます。

       DSC03300+(1)_convert_20150110115459.jpg

   初春歌舞伎公演「通し狂言 南総里見八犬伝(なんそうさとみはっけんでん)」

   大劇場主催公演





発 端 (安房)富山山中の場
序 幕 (武蔵)大塚村蟇六内の場
          本郷円塚山の場
二幕目 (下総)滸我足利成氏館の場
          同   芳流閣の場
三幕目 (下総)行徳古那屋裏手の場
四幕目 (武蔵)馬加大記館対牛楼の場
大 詰 (上野)白井城下の場
      (武蔵)扇谷定正居城の場

   あらすじはどなたもご存知かと思いますが

   時は室町後期、京の将軍家と
   関東を統括する鎌倉公方  両足利家や各々に味方する
   諸大名の対立を背景に、南総(千葉県南部)の安房の国の領主
   里見家の再興のため不思議な因縁で結ばれた
   八犬士が活躍するお話です。

       DSC03302_convert_20150110115549.jpg


    原作は途方もなく長くて、辟易しながら
    それでも全巻一度は完読しました。

    今ならきっと途中で投げ出してしまうと思います^^

 今回は犬塚信乃を持ち役にしていた、菊五郎さんが
 犬山道節を初演し、全体の監修もしています。   

 立ち回りの部分が多いような気もしましたが
 全体によくまとまっていたと思います。




出演
尾 上 菊 五 郎     中 村 時  蔵     尾 上 松  緑     尾 上 菊 之 助

坂 東 亀 三 郎    坂 東 亀  寿     中 村 梅  枝     市 村 竹  松

尾 上 右  近    尾 上 左  近   市 村 橘 太 郎     

市 村 萬 次 郎    市 川 團  蔵    坂 東 彦 三 郎    市 川 左 團 次 ほか


   お正月らしい華やかな舞台、最後に役者さんたちがそろって
   客席に何かを撒いてくれたのですが

   何しろ3階席なので届かず・・・・・残念

      DSC03301_convert_20150110115535.jpg

    お正月ぐらいは一等席に行けばよかったかな・・・

    






スポンサーサイト
[ 2015/01/10 12:05 ] 観劇 | TB(-) | CM(4)

こんにちは

お正月公演 親しみのある公演でしたね
撒きものは 手ぬぐいだったかも
次回 お正月のお出かけの時は 良い場所を
頑張って^^
[ 2015/01/10 13:22 ] [ 編集 ]

お正月から充実してますね。
写真を見るだけで驚いています。
役者さんも有名な方達で 歌舞伎音痴の私でさえ
聞き覚えのある方が多いようです。
私なら前を通るだけで満足しそうな場所と雰囲気です。
いつもありがとうございます。
[ 2015/01/10 21:37 ] [ 編集 ]

Re: こんにちは

みかんさんへ

コメントありがとうございます

来年は一等席で手ぬぐいgetしますよ~

歌舞伎座のチケットも取ってあるので
それも楽しみ♪
[ 2015/01/11 11:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

園主さんへ

今回は国立劇場なので
まだそんなに豪華顔触れっていうわけでもないですよ。

歌舞伎座のほうが舞台も、役者さんも
華やかかもしれません。

次は歌舞伎座をご紹介しますね。
[ 2015/01/11 11:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する