講座「花を訪ねて鎌倉歩き」part2

 鎌倉駅に戻り、ここから
バスで大塔宮へ。

       PC228928_convert_20141225173235.jpg

   鎌倉宮です。10月の「薪能」が有名ですね。

   こちらの紅葉も大変すばらしいそうですが、今年はもう終わりですね。


  ここでちょっとお勉強

   祭神は大塔宮護良親王(おおとうのみやもりよし)
   ※もりながとも読みます。
   明治天皇の勅命により創建された。
   後醍醐天皇の皇子で征夷大将軍になったが
   足利尊氏と対立。
   とらえられて鎌倉で討たれた。[鎌倹テキストより抜粋)

   本殿の裏には親王が幽閉されたという、土楼が残されています。(今回は行きませんでした)


       PC228931_convert_20141225173251.jpg

    少し離れたところにお墓があります。

    ここって宮内庁の管轄なんですよ。

    ここから瑞泉寺へ向かいます

      PC228941_convert_20141225173314.jpg

     臨済宗円覚寺派 山号は金屏山 開山は夢窓疎石(国師)

     疎石は背後の山が錦の屏風のように迫る地形が
     禅院にふさわしいととしてこの地を選んだそうです。

    PC228959_convert_20141225173341.jpg

    葵の御紋、わかりますか?

    PC228971_convert_20141225173435.jpg

   「むじな塚」です  袈裟を着たむじな、愛嬌のあるお顔ですね。


   紅葉谷とも呼ばれるこの地、
   鎌倉でも最後に紅葉を楽しめるところです

   この日も見事な紅葉を楽しむことができました。


   デジブックにまとめましたので
   良かったらご覧くださいね。


  

 瑞泉寺の後は覚園寺に向かいます

   私の好きなお寺です

   ここの紅葉も大変すばらしいのですが、残念ながらもう終わり。

   1本だけ残っていましたが


     PC228983_convert_20141225173453.jpg

   どうですか


     PC228985_convert_20141225173506.jpg

  この水鉢に映る紅葉が好きなのですが
  残念でした

  朝の内は曇り空でしたが、瑞泉寺についたころには
  きれいな青空が広がり、絶好の散策日和になりました。


  覚園寺の近くのイタリアンレストランでランチをしたあと
  皆さんと別れて私は別の街へ
  さらに続きます・・・・・
    
スポンサーサイト
[ 2014/12/25 18:22 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(-)