追想

今日は久しぶりにお日様を見ました。
ここのところ寒かったので、日差しが暖かくて、気持ちがよったです。

2週間ほど風邪で、寝たりおきたりしています。

1週間ほど、仕事も休んで、家にいたのですが、2日仕事に行って
再びダウンです。

もともと呼吸器系が弱く、本格的に風邪を引くとかなり長引くんですが
今回がどうやらそう見たいです。

一番ひどい時期は過ぎたと思うのですが、咳がとまらず、体中痛いです


昨日、病院の待合室で、もうずいぶん昔のことをおもいだしました。

私が二十歳そこそこのころですから、もうゥン十年も前の話です。


やはり、病院の待合室で、ぼんやりテレビを見ていたときです。

ちょうど昼ドラだったのでしょうか。
出産シーンをやっていたのですが、その時、
まったく見知らぬ女の人が私に話しかけてきました。

「こんなの大げさにしてるだけよ。こんなもんじゃないわよ」って・・・

その時、私、なんていやな人だろうと思いました。
確かに軽く済む人もいるかもしれませんが、こんなに医学が進んだ現代でも
出産で命を落とす人もいるんですよ。

こんな人がお姑さんだったら、たまったもんじゃないって、
お嫁さんかかわいそうだな~なんて。


そのことはしばらく、私の中で、いやな思い出として残っていたんですが
いつの間にか忘却のかなたに・・・

それを昨日、病院の待合室で突然思い出したんです。

で、そのときふと思ったのは、その人もしかしたら
これから、結婚し、子供を生むかもしれない若い娘が
出産に対して恐怖を持たないように、言ったのかもということです。

事実はどうかなんて、わかりませんけれど
同じ言葉でも、ウン十年たつと、受け取る側の意識も変わるんですね。



P9250197.jpg

 仲良くするのが一番よ
スポンサーサイト
[ 2011/09/27 18:31 ] つれづれ | TB(-) | CM(-)