拡散お願いします

被災地に取り残されているペット達をレスキューするために
いろいろな団体が入っています。とってもありがたいことです。

一日も早く飼い主さんとめぐり合って、一緒に暮らせることを祈ります。

以下ラビペンさんのブログから~



アニマルレスキューチーム Happy Road さん
から、下記の内容の拡散のお願いがありました。
被災ペット達が元の飼い主さんの元に無事に戻れるよう、
よろしくお願いいたします。


今福島県では、原発から半径20㌔圏内の
避難指示地域と、30㌔圏内の屋内退避地域に残っている
犬・猫達の救出を行っています。

保健所の収容施設では全ての子達を保護出来ませんので、
現在数百匹入る大きな施設を建設中です。
(先日、県の担当者から連絡を頂きました)

保護した子達は飼い主さんが見つかるまで、
長期に渡って保護されますし、処分などありません

しかし福島県には、大きな問題があります

それは他県から震災直後に犬や猫達を保護する目的で
福島県に来た保護団体が、福島県や警察に保護届出をする事無く
連れ去ってしまい、飼い主が必死に探している問題です。

自宅に定期的にエサやりに帰っている方もいるのですが、
次に自宅へ戻った時に誘拐されている事もあります。

福島県の子達を助けてくれた事は本当に嬉しいですし、
感謝申し上げたいと思います

でもお願いです

福島県で保護した方々は、写真と保護した場所の届出をして下さい

このままでは飼い主さんを探す事も出来ませんし、
無断で連れ帰った場合窃盗の罪になります。

それに原発から半径20㌔圏内、30㌔圏内で保護した子達は
被爆している可能性が強くなります。

放射性物質は洗った程度では簡単に落ちません

それに放射性物質を調べるスクリーニングは、
福島県内では大きな施設、保健福祉事務所でしか出来ません

簡単なキットでは正確に測定出来ません

被爆した犬や猫を連れ帰った場合、2次被爆の可能性も
ゼロではありません

皆様の周りで福島県の子を保護している方が
いらっしゃいましたら、今からでも遅くはありませんので
保護届出をお願いしたいと思います

多くの皆様のお力をぜひお借りし、
本当の飼い主へ被災した子を返したいと思います。
記事の転載、拡散のご協力、よろしくお願い致します



       P7190051_convert_20100719193007.jpg


           私からもお願いします byまりん




実はこの手の問題、かって阪神、淡路大震災のときにも起こりました。

某団体が、未去勢の純血種だけを連れ去り、繁殖用として転売したこと。

当時、関西方面の犬・猫の、避妊・去勢率は非常に低く、そのため
連れ去りなどということも起きたのでしょうね。

こんな非常時、常に、ペットと一緒にいられるとは限りません。
自分の可愛い、ワンコやニャンコがパピーミルとして、ボロボロになるまで
子を産まされるようになるなんて、私にはとても耐えられません。

避妊・去勢に関しては、それぞれいろいろな考え方もあると思います。

でも私は自分の可愛いまりんや、舞や、ニャンズのために避妊手術を行いました。
もちろん、まりんが子供を生んだらどんなに可愛い子が生まれるだろう
と、想像したことはありますが、そのこたちを、すべて一生面倒見られるとは
限りませんし、かりに誰かにもらわれたとしても
今では純血種だっていくらでもセンターに持ち込まれる時代ですから。

私は今いる子、一代で終わらせようと思います。

何も出来ない私ですが、それでも縁あって、家の子になってくれたのですから
せめて悲惨な犬生、猫生を歩むリスクだけは避けてあげたいです。


     
スポンサーサイト
[ 2011/04/10 11:49 ] 犬・猫 | TB(0) | CM(20)

うちも 去勢してますよ

そうかそういう問題が出てくるんですね

阪神淡路大震災の時にそんな悲惨な出来事が動物たちにあったとは

知りませんでした。

いいことをしたつもりで 保護してくださったのも あだになりかねませんもんね

コミュニケーション取れるようになれば もっと変わってきますよね

家族の一員を預かってくれてるんですもんね。

餌代だってばかにならないはず。

今の連絡取れない現状がつらいですね。

明日の記事で拡散しますね!!


[ 2011/04/10 16:05 ] [ 編集 ]

よっちママさんへ

コメントありがとうございます。

今回、たくさんの団体さんがレスキューに入ってくれたので
良かったと思っていたのですが、こんなことになっていたとは。

善意があだになってしまいますよね。

やはりこういうときは、地元のボランティアさんと
連携していくことも大事だと思いました。

難しいですよね。
[ 2011/04/10 16:34 ] [ 編集 ]

良かれと思ってしたことが、そんな事になるなんて、
知らない事は、多いですね、

私のブログでは、拡散になりそうもないので、
ローテクの、言葉で、周りの方に伝えたいと思います。

[ 2011/04/10 17:29 ] [ 編集 ]

ランの母さんへ

コメントありがとうございます

善意があだになるってこういうことですね。
保護した方から見れば、一時も早く安全な場所へと思ったのかも知れませんが。

ボランティアの難しさかな。
やはり地元のボラさんと連携していかないと、問題が生じますね。

プードルさんの、飼い主さん探し、とにかくお金のかかる犬種ですから
愛情だけでは飼いきれないという事、踏まえたうえで探してください。

ただ可愛いからとか、子供が欲しがっているからとか絶対だめですよ。

[ 2011/04/10 18:13 ] [ 編集 ]

そんなことがあったのですか。

ちょっと言葉が出てきません。

私の場合はみーを一度だけ母ニャンにしようと漠然と考えていました。
年頃になると♂ニャンがやってきて、二人で品定めをしていました。
ある日、黒猫のイケニャンが来たので「あの子なら母は許す」って。
みーはその♂ニャンのお子を宿しました。
今は子供達と暮らしています。
子供達には済まなかったけど、親子で去勢をしました。

ボランティアの行為が徒になっては何にもなりませんよね。
独りよがりではならないのですよね。
考えさせられました。

[ 2011/04/10 19:43 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

私の拙いブログを読んで下さり、感謝しております。
命が助かることが一番ですが、元の飼い主さんとの生活に
戻ってこそですから、生きているのに再会できないという
ことにはなってほしくないですよね。

殆どのボランティアさんは、しっかりと情報を
残して行ってくれていると思うのですが、
混乱している状況の中、情報が一元化されないと
不幸な結果が起きてしまいかねません。

多くのものを失ってしまった被災者の方たちに
これ以上失うものがないよう、願っています。

鎌倉の桜を毎年見に入らして下さっているのですね。
この土日ですっかり満開になり、観光客も元の数に
戻りつつあります。
桜を見ている時だけ、少し気持ちが明るくなりますが、
まだまだ余震も続いているので、落ち着かない気分です。
これからも、よろしくお願いいたします。
[ 2011/04/10 19:50 ] [ 編集 ]

ぴゆうさんへ

コメントありがとうございます

世の中いろんなことがありますね。
私も動物ボラ、やっていて、本当にいやなこと
たくさん見ちゃいましたから、もうこれ以上何も知れたくないって
言うのが本音なんですよね。

人それぞれ立場が違うと、当たり前だけど主張することも違ってくるし・・・

ミーちゃんも今はのんびり、ゆったりくらしているんでしょ?

私、今はお花にお水をあげているときが一番幸せかな~
[ 2011/04/11 16:08 ] [ 編集 ]

ラビペンさんへ

コメントありがとうございます

いろんなことがありますね。
飼い主がいるのに、よそへ連れて行かれるなんて
かわいそうですもの。
早く一緒に暮らさせてあげたいですね。
[ 2011/04/11 16:12 ] [ 編集 ]

まりんママさん、大丈夫だったぁ~~
揺れたよねぇ。
また、みーを抱えて外に逃げたよ。
雨が降ってんのに・・・
慌てん坊だわ。
またにゃーー
[ 2011/04/11 17:36 ] [ 編集 ]

ぴゆうさんへ

怖かったね~

ちょうどブログアップ使用と思って写真取り込んでたときに
すごい地震。

家は震度5弱、でもNHKでは震度4になってたけど・・・

まだチョコチョコゆれてるね。
はやくおさまってほしいにゃ~
[ 2011/04/11 18:47 ] [ 編集 ]

動物たちをレスキューされている方達に、
犬、猫を飼っている者としてお礼を申し上げたいと思います。
大変なご尽力をされていると思うので、
一言で済ませるのは申し訳ないと思うのですが...
でも言いたい。ありがとうございます!

地震、大丈夫でしたか?
まりんちゃん達は怖がっていませんか??
お花に水をあげている時が幸せっていう、
まりんママさんの気持ちが分かる気がします。
[ 2011/04/11 21:17 ] [ 編集 ]

にゃんままさんへ

コメントありがとうございます

一日も早く、被災動物達が、飼い主さんのもとへ帰れるといいですね。
ほんと、そう思います。

自身怖かったですよ。
まりんも、ゆずも、かなりおびえていました。
私が怖がると、みんな却っておびえてしまうと思って
なるべく落ち着くようにはしていましたが・・・

いったいいつまで続くんでしょうね。

今日はお花の写真を撮ったりして、ブログにアップしようと
PCに向かっているときに、地震が起こりました。

ということで、今日のブログはお休みです(笑)
[ 2011/04/11 21:56 ] [ 編集 ]

ペットと離ればなれになって仕方なく避難所で暮らしている方々の気持ちは
いかばかりかと思います。
同じようにペットを飼っている自分に置き換えて考えるとなおさらです。
こんな時、被害を受けるのは動物たち。
今も、酪農家の苦悩と、痩せてしまった親牛が子どものために
一生懸命乳を出そうとしている姿を見て涙していたところです。
ちょっと話がそれましたが・・・
[ 2011/04/11 23:32 ] [ 編集 ]

つぶやきましたよ。

まりんママ さん。

こんにちは。
ペットちゃんのこと、「つぶやき」 ました。
遅くなりました。

乳牛や鶏など農家は家族です。
ペットちゃんも家族です。
何度となく、癒されているかはかりしれません。

[ 2011/04/12 15:26 ] [ 編集 ]

sionさんへ

コメントありがとうございます

ペットが心のよりどころになっている方もいらっしゃいます。
避難所にペットを連れてはいけないなら、私は車で寝ます。
この子達を置いてはいけませんから・・・
でもその先のことを考えるととても不安です。

私もその番組見ました。
本当に切なくなりますね。

母牛は餌がなくても自分の身を削っても乳を出す。
なんとか助けることは出来ないのでしょうか。

最近、またさらに、大きな地震が頻発しています。
日本はいったいどうなっちゃうんでしょうね?

[ 2011/04/12 19:49 ] [ 編集 ]

     まりんママさん

いろんな問題が起きるものですね、
解決に努めてる方々に敬服です。
自分は、ふえると養いきれないので、
シロを飼う時、避妊手術していただきました。
[ 2011/04/12 19:50 ] [ 編集 ]

monalisahitomi さんへ

コメントありがとうございます

早く被災動物達が飼い主さんに会えるといいですね。

ペットだけでなく、経済動物の、牛や、馬、鶏、ヤギ、羊などの
動物達にも、支援の手を差し伸べて欲しいです。

「つぶやき」ありがとうございます。

[ 2011/04/12 19:54 ] [ 編集 ]

福島で取り残された動物可哀想ですね。
連れていけない理由もあっただろうけれど、残された動物を思うと辛いです。
地元では残ってご飯をあげている人もいると聞きました。
私も風邪が良くなったら拡散させて下さいね。

我家のプーさんは
「この子がいなくなったらボケそうだ」と父さんが言うので
孫犬が欲しくて何度か姪のプーさんとお見合いしましたが、
お互い興味がないらしく孫は諦めました。

[ 2011/04/12 20:50 ] [ 編集 ]

しろさんへ

コメントありがとうございます

皆がしろさんみたいに考えてくれるといいんですけど。
可愛さばっかり、みて先のことを考えない。
犬だって、猫だって病気にもなるし、年取れば
お金だってかかるのに、一生面倒見る気がないのかもしれませんね。

やはり、避妊・去勢は飼い主の愛情だと思います。

みんな家は手術してるのにどんどん増えてく・・・
[ 2011/04/13 17:31 ] [ 編集 ]

つまままさんへ

コメントありがとうございます

本当にこういうことがあると、人間だけが被害をこうむるわけではない
と言うことが良くわかりますね。

せめて探している飼い主さんには、返してあげて欲しいです。
善意が仇になっては何にもなりませんから・・・

東北も避妊・去勢していないペットが多いそうです。
この先、阪神のときと同じようなことが
起きないといいけど・・・
[ 2011/04/13 17:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marine11225656.blog119.fc2.com/tb.php/200-789c21ab