迎賓館  赤坂離宮

梅雨の晴れ間の暑い日に
迎賓館の一般公開に行ってきました

DSC05560_convert_20160629164749.jpg

迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった、広大な敷地の一部に
明治42年(1909)に、東宮御所として建設されたものです

DSC05553_convert_20160629164626.jpg

構造は鉄骨補強レンガ造りで、地上2階、地下1階の耐震、耐火構造となっており
明治時代の建築家、片山東熊の総指揮の下に
当時の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した
日本における唯一のネオ・バロック様式の、西洋風宮殿建築です

DSC05541_convert_20160629164439.jpg

この建物は、明治天皇や今上天皇が一時期お住まいになった以外
東宮御所としてあまり使用されることなく

戦後、建物、敷地ともに皇室から行政へ移管され、国立国会図書館、内閣法制局
東京オリンピック組織委員会などの公的機関に使用されていました

DSC05543_convert_20160629164455.jpg

この間我が国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化し外国の賓客を迎えることが多くなったため

DSC05544_convert_20160629164521.jpg

これに伴い建設地や施設内容等の検討を行った結果
昭和42年(1967)に「久赤坂離宮」を改修してこれに充てることになりました

DSC05550_convert_20160629164551.jpg

改修工事は昭和43年から5年有余の歳月と
総額108億円の経費をかけて行われ
賓客に対し和風の接遇を行うための別間の新設と合わせて
昭和49年(1974)に現在の迎賓館が完成しました   パンフレットより転載

DSC05554_convert_20160629164650.jpg

主庭の噴水

DSC05556_convert_20160629164720.jpg


DSC05559_convert_20160629164737.jpg

内部は撮影禁止ですのでご紹介できませんが
家具調度品、絵画とう、一部屋ごとにテーマを持った素晴らしいものでした

部屋ごとに説明をしてくださる方がいて、お話を伺いながら
見学することができました

主庭、本館は予約なしでも並べば入れるようです

平成18年~3年間大規模な改修工事を行い、平成21年(2009)4月から迎賓施設としての運用を再開しました   
同年12月、創建当時の建物である旧東宮御所、 本館、正門、主庭噴水等が国宝に指定されました

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg9742.html

興味のある方はこの番組をご覧になってくださいね

スポンサーサイト
[ 2016/06/29 16:48 ] お出かけ | TB(-) | CM(8)