起雲閣 室内

起雲閣は政財界で活躍し”海運王”と呼ばれた内田信也により
1919(大正8)年に建てられました。

DSC04471_convert_20151030212013.jpg


日本の伝統的な建築美を伝えるその姿には
大正の浪漫が香り立っています。

DSC04455_convert_20151030204616.jpg

玉渓・玉姫  1932(昭和7)年根津嘉一郎により建てられた洋館

DSC04451_convert_20151030204526.jpg

DSC04452_convert_20151030204544.jpg

DSC04454_convert_20151030204601.jpg

DSC04453_convert_20151030213328.jpg

DSC04450_convert_20151030204444.jpg

日本の神社や寺に観られる建築的特徴や、中国的装飾
アールデコが彩る”玉姫”と中世英国のチューダー様式を用い
床の間的な空間やサンスクリット風の装飾をあしらった’玉渓”が
独特の雰囲気を放っています。

1947(昭和22)年旅館として生まれ変わり
熱海を代表する宿として多くの数多くの宿泊客を迎え
山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、船橋聖一など
日本を代表する文学者たちにも愛されてきました


DSC04460_convert_20151030204702.jpg

格調高い迎賓の雰囲気があふれる”金剛”のローマ風浴室

かつて船橋聖一が”孔雀”の間で執筆し、溝口健二が監督した「雪夫人絵図」の
撮影も行われました。

DSC04449_convert_20151030204425.jpg

麒麟から洋館を見たところ

DSC04458_convert_20151030204644.jpg

DSC04459_convert_20151030204806.jpg

この後は素敵なお庭を散策しました    続きます

スポンサーサイト
[ 2015/10/30 20:48 ] お出かけ | TB(-) | CM(-)