鎌倉ガイド協会史跡めぐり   梅の香りに誘われて古社名刹を巡る

2月も今日で終わりですね。

2月逃げ月というくらい、月日の経つのは早いです。

いつの間にか春の訪れが感じられるようになってきました。


   今回の鎌倉ガイド協会史跡めぐりで
  最初に訪れたところは「荏柄天神」です


   DSC03513_convert_20150228204318.jpg


   荏柄天神社は、大宰府天満宮、北野天満宮とともに
   日本三大天神の一つ。

   学問の神様として知られる、菅原道真公をお祀りしています。

   

   受験シーズンも終わったようで静かな境内では
   梅の香りが漂って、春の訪れを感じさせてくれました。

   DSC03527_convert_20150228203802.jpg

   ここの梅は鎌倉でも一番早く咲くところで
   ちょうど見ごろでした。

   DSC03516_convert_20150228203719.jpg

   境内の奥には「絵筆塚」があります

  色々な漫画家による河童の絵です。

  DSC03524_convert_20150228203752.jpg

  DSC03523_convert_20150228203742.jpg

  DSC03522_convert_20150228203732.jpg

   河童もいろいろな方が書いていらっしゃるんですね。

   私は小島功さんの絵、日本酒のcmで有名な河童さんしか
   わかりませんでしたが、皆様はご存知の方がいらっしゃったでしょうか。

   
   次に向かったのは「鎌倉宮」です

   大塔宮(おおとうのみや)護良(もりよし、もりなが)親王を
   お祀りしています。

   DSC03532_convert_20150228203815.jpg

   鳥居前では河津桜が満開でした。

   こちらの神社は明治天皇の勅命により建てられたもので
     歴史はそんなに古くはありません。

   DSC03534_convert_20150228203824.jpg

    見えづらいかもしれませんが、菊の御紋が輝いています。

    私も最近知ったのですが「鎌倉宮」って、箱根神社や
    鶴岡八幡宮や、寒川神社より神奈川で一番
    格式の高い神社だそうですよ。


    裏に行くと護良親王が幽閉されていたといわれる
    土牢があります。

    
    

     詳しく知りたい方はこちら
        クリックしてください


     


     お花をデジブックにまとめました。
     お時間があるときにでも見てくださいね。
   
   


   

   

     

スポンサーサイト
[ 2015/02/28 20:29 ] 鎌倉散策 | TB(-) | CM(6)