歌舞伎月間

  11月も今日で終わりですね

   いつもの年なら、黄葉を求めてあちらこちらに
   出かけるのですが、
   今月はもっぱら歌舞伎を楽しんできました。



      DSC02917_convert_20141130161414.jpg
       
      写真がないのもさびしいので近所の公園の秋景色を




      国立劇場 「伽羅先代萩 めいぼくせんだいはぎ」
      伊達家のお家騒動を題材にしたお話です。

      乳母「政岡」役には御殿の間に坂田藤十郎さん
                  竹の間に中村扇雀さん

      藤十郎さんはかなりお膝が悪いようで
      立ち振る舞いも辛そうで見ていてお気の毒でした。

     もしかしたらこれが最後の「政岡」になるかもしれませんね。


     大好きな坂東彌十郎さん  渡辺外記役
             素晴らしかったです。


        DSC02905_convert_20141130161301.jpg

 手前の田んぼは「菖蒲田」です。時期には花菖蒲がとてもきれいですよ。


        歌舞伎座では 市川染五郎の「勧進帳」
        あまり期待はしていなかったのですが
        とてもよかったです。

        きっとかなりお勉強されたんでしょうね。

   御子息の「金太郎」君が太刀持ちで出演していたのですが
   お父様の演技を食い入るように
   見ていたのがとても印象的でした。

   この日のお目当ては「松緑さん」と「菊之助さん」の
   ご存知鈴ヶ森  幡隋院長兵衛と白井権八が出会う場面

   松緑さん貫禄が出てきましたね

   第3部は「義経千本桜」  寿司屋の場面

   見たことがなかったので楽しみにしていました。

   菊五郎さん、いい味出てました。


       DSC02904_convert_20141130161445.jpg



   明治座では  市川猿之助さん

   歌舞伎座に出ない方なのでこういう時出ないとみられません。


    昼の部、夜の部2回見に行ってしまいました。


  猿之助さんというと、宙乗り、早変わりと

  派手な演出が多いのですが

  昼の部の「女團七」はよかったですよ~

  竹三郎さんがかなりの悪婆になってのやり取り
  最後はずぶぬれになっての熱演でした。


      DSC02897_convert_20141130161240.jpg


    夜の部は「猿之助歌舞伎」のお楽しみいっぱいでした。

    猿之助さん自らストーリーはあまり気にしないでほしいと
    おっしゃっていましたし・・・・

    早変わり、宙乗り、一人何役もやるので
    めまぐるしいこと。

    歌舞伎っ本来は大衆演劇
    こうしてお客を楽しませることに徹した
    舞台が本当の姿なのかもしれませんね。


    でも私は歌舞伎貧乏になりました(トホホ)

      DSC02895_convert_20141130161224.jpg

   12月は国立劇場と、歌舞伎座
   すでにチケットは入手済み。

   楽しみです♪



スポンサーサイト
[ 2014/11/30 17:00 ] 趣味・実用 | TB(-) | CM(8)